Vライン脱毛による肌トラブル


011
夏場など水着を着用するときに気になるVラインですが、サロンでするのは少し恥ずかしいという人も多いのではないでしょうか。
そこで自己処理で夏場は乗り切ろうと考える人、夏場に限らず、Vラインは自分ですると考える人には気をつけて欲しい点があります。
それはVラインを自己処理すると、非常に肌に良くないという事です。

例えばVラインの部分は、体の中でも非常にデリケートな部分です。
エステサロンでも色々な施術方法がありますが、Vラインは特に針を刺すニードル脱毛は痛いと言われています。
それはデリケートな部分なだけに痛みを感じやすいからです。

だからVラインを自己処理しようと考えたときに、どのようなトラブルが起こるかしっかりと知っておく必要があります。
まず自己処理方法としてよく言われているのが、毛抜きやカミソリを使う方法ではないでしょうか。
毛抜きについては先ほど言ったようにVラインは非常にデリケートな部分です。
毛抜きで抜くと、周りの皮膚の部分が引っ張られてしまいます。

すると引っ張られた皮膚は元に戻る事がありません。
だから見た目盛り上がった状態になり、非常に見た目が良くありません。
またその刺激で炎症を起こしてしまし、赤くなったりしてしまう事もあるので要注意です。
次にカミソリで自己処理をする場合ですが、カミソリは肌を傷つける恐れが非常にあります。

しかも割と短期間ですぐに毛が生えてきてしまうので、頻繁に剃らないといけなくなってしまいます。
Vラインのようなデリケートな部分を頻繁に自己処理していると、色素沈着や肌あれを起こしてしまう原因にもなるので、出来るだけ自己処理をするのは避けたほうが良いと思います。
以上のようなトラブルを避けるためには、出来るだけ専門のエステサロンに行って脱毛してもらうのが良いのではないかと思うので、自己処理をするのではなく、エステに行く事をおすすめします。