脱毛はお肌に優しい方法で!!


012
デリケートな部分の毛の処理は大変ですよね。抜くと痛みが一番出やすいので、あまり処理を行う人は少ないと思います。水着にならない限り、露出はほぼないですし、あまり気にかけていないのがVラインですね。Vラインの毛は剃ったりするとチクチク感が嫌になりますね。そして、先がとがって、下着から出てしまったりします。色も剃る前より濃くなったりします。

剃ると太い毛になってしまったりもして、剃らなきゃよかったなぁと後悔することもあります。そして、何よりデリケートな部分ですので、毛の処理を行うとどうしてもお肌が痛みやすくなりますね。
赤くなったり、ぶつぶつした赤い出来物ができたりしやすくなります。

かゆみも伴ったりして、辛くなることがあります。抜くと痛いし、剃ると後が怖いしと。デリケートな部分の毛の処理と言うのは
本当に大変です。ですが、やはり異性とのつながりを持った時や、水着にならなければならなくなったときなどは綺麗にしていた方がいいですよね。女性としての魅力もUPしますので、
Vラインなどのあまり見えない部分も綺麗にお手入れしましょう。この部分の脱毛は、手で行うことがお勧めです。場所はお風呂場の湯船の中で行う事が良いでしょう。

毛穴が開いていますので、抜けやすいので痛みが鈍くなるので、お勧めです。できるだけ長く伸びている毛から抜きましょう。伸びきっていない毛はできるだけ残しておきます。
残しておいた毛には後で、豆乳ローションを塗ります。完璧に全ての毛を抜き取ろうとしないことが大切です。その分。お肌へのダメージも減るということにつながります。

一番優先して欲しいのはお肌です。毛がなくなって綺麗になれたとしてもお肌が汚いのなら意味がありません。女性にとって一番大切なのはお肌です。毛なんて正直、あっても良いのです。そのくらいの気持ちで
毛の処理を行ってください。何事も程々が一番です。豆乳ローションなどで、毛を細くしていくと自然に抜けやすくなります。時間はかかりますが、お肌には負担のかからない方法です。

どうしても濃い毛や目立っている毛は湯船の中で、抜いていきましょう。皮膚を引っ張らないで抜く事がポイントです。
右の毛を処理する時は右手で毛を抜きますが、左手を必ず抜く部分の皮膚に当てて、皮膚が引っ張られないようにしましょう。
左の方も同じようにします。剃る事は簡単ですが、私はお肌のことを考えるとお勧めできません。重要なのはお肌のことをまずは
考えた方法での脱毛をすることです。お肌に優しい方法で、脱毛して、お肌も綺麗になっていきましょう。